閉経期の悩みを改善する方法等を説明します

医者と患者

エストロゲンという女性ホルモンの減少が、更年期の色々な症状の原因しなっています。頭痛に関しては、二種類あり、片頭痛は痛む側の頭部を冷却し、また、緊張型の頭痛は、姿勢を変えたり、患部を温めたりすることが効果的です。熱感や汗、脈拍の上昇などについては、風通しをよくしリラックスした服をきて過ごすことが大切です。辛いものやストレスの起こる環境を改善することも大事です。粘膜の乾燥がしないようにしたり、保湿をしたりすることも大切です。大きく種類に分けると食事・運動・医者の投薬・栄養補助食品の摂取等の対策があります。食事に関してはバランスの取れた内容で、和食が効果的です。運動については、有酸素運動等を週に3から4回、一日1時間程を継続することです。薬については、医師の投薬以外に、エストロゲンと同様の効果が得られるエクオールが注目されています。一日一粒で二千円程度で販売されています。

悩みを改善する食品の仕組みを説明します

女性

更年期の様々な症状を治すためには、エストロゲンの欠乏を改善するということです。医師の処方によっては、エストロゲンのみを投与したり、エストロゲンとプロゲステロンを組み合わせて投与する場合があります。また、医師による医薬品の投与ではなく栄養補助の働きがある食品を活用して問題を解決する手段もあります。イソフラボンは、大豆やレッドクローバーなどに含有されています。その他、ブラックコホシュ、ローヤルゼリー、各種ハーブ等も効果的です。これらの栄養補助食品の中で、人気が高まっているのはエクオールです。この物質は、エストロゲンと同様の効果を持っています。大豆を食べた後、腸の中でイソフラボンの中の一種類の成分が腸内の細菌と結びついて作られるものです。日本人女性では、50代で約半分の人がつくる能力を持っています。納豆等を食する関東方面の方の方が生成できる率が高いです。

悩みと解決する手段をまとめます

腹痛

更年期とは、閉経を境にして45歳から55歳の時期を示します。この頃に、卵巣の働きが停滞しかけて、女性特有のホルモンであるエストロゲンが不足してきます。この不足により現れる症状は、精神神経系の症状としての頭痛、血管運動神経系の症状で発汗やほてり脈拍の上昇、皮膚・分泌系で起こる口やのどの渇き、消化器系の自律神経の乱れによる交感神経の活動による胃腸炎や吐き気、運動器官系の腰痛や肩こり、しびれ、泌尿器生殖器系の尿漏れや性交痛、月経異常などです。これらを改善するには、対処療法としての衣食住の改善によるものの他に、投薬による方法があります。投薬の成分を手軽に摂取するには、栄養補助食品が最適です。エストロゲンやエクオールを含んだ食品です。これらは、ネットで数千円で販売されているので試してみる価値は大いにあります。実際、とても人気が高まっていることも事実です。